‘2022 研究会「役者はやっぱり・・・」

気がつけば水無月、紫陽花が咲き始め魚も錦を纏い、大きくなる季節です。
今年産まれた魚を持ち寄る時が訪れました。

ワクワクしているのは魚だけではありません、オッサン達もです(笑)。

・・・というわけで、始まります’2022 研究会。

朝8時からですね、会場の準備が始まります。
自分たちの遊び場は自分達で作るのが楽しいんです。

 

 

 

 

 

あ~でもない、こ~でもないと毎回言いながら

 

 

 

 

 

会場が出来ていきます。

 

 

 

 

 

みなさん、朝早くから夜遅くまで魚の世話をしてこの洗面器を目指して魚を持ってくるんですよね。

さて、本日の賞品は・・こちら

 

 

 

 

 

入賞洗面器の一番最後の方には

 

 

 

 

 

「崖っぷちで賞」をプレゼント!!
貰った方はリアルゴールドを飲んで鋭気を養って頑張ってください。

みなさん集まって集合写真です。

 

 

 

 

 

写真撮影の後は、丹精込めて作った魚たちを審査盥に入れます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いよいよ審査がスタートです。
審査は阿部氏、井上氏によって行われます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

審査中は魚係のお呼びがかかるまで団欒タイムです。

 

 

 

 

 

審査は佳境へ・・・優等候補5匹が審査盥で泳いでいます。

 

 

 

 

 

どれにします?
やっぱりこれでしょうね・・・って感じでしょうか?。

 

 

 

 

 

東大関が決まりました。
一番に魚係でバケツを持ってきたのは・・・・

 

 

 

 

 

 

 

この御方、なぜかニコニコしながら東大関のところに魚を入れてるんです。

なぜ~?(@@)

では、優等から順に入賞魚をご紹介します。

■東大関  三橋 昭義

 

 

 

 

 

■西大関  藤原 博文

 

 

 

 

 

■立行司 篠原 啓

 

 

 

 

 

■取締一 藤原 博文

 

 

 

 

 

■取締二 平田 哲也

 

 

 

 

 

■東関脇 宮本 富生

 

 

 

 

 

■西関脇 佐藤 茂夫

 

 

 

 

 

■東小結 宮本 富生

 

 

 

 

 

■西小結 平田 哲也

 

 

 

 

 

■勧進元一 佐藤 茂夫

 

 

 

 

 

■勧進元二 三橋 昭義

 

 

 

 

 

またまた、やっちゃいましたよ・・・「東大関」

 

 

 

 

 

 

 

東大関の洗面器に自分の魚を入れるんだから・・・ニコニコでしょうね^^
みなさんが良い魚って褒めてましたよ~^^。

 

 

 

 

 

 

 

↑東大関でなくってガッカリしている有名ブリーダー(笑)

洗面器に魚が入れば話にも華が咲き、日頃わからないことや疑問点を先輩方々に聞くよい機会でもあります。

 

 

 

 

 

こちらでは反省会??らしき光景も@@

 

 

 

 

 

そして、表彰式です。

 

 

 

 

 

一番最初に呼ばれていい笑顔してますね。

 

 

 

 

 

おめでとうございました。

これから夏・秋の品評会に向けてみなさん頑張りましょう!!

いい魚を作って楽しい会でお会いできることを・・・^^。

お疲れさまでした^^。

「晴魚雨魚」研究会を開催しました。

「晴耕雨読」

雨なら読書もいいんでしょうけど、「晴魚雨魚」でらんちゅうの研究会は晴れても雨でもやるんです(*^-^*)。

1週間前から気になっていたのは天気予報、研究会が開催される日曜日の天気はバッチリ雨予報でした。

カッパもいるかなと思いながら雨具を用意して会場へGo!!!
道中からパラパラと雨が降り始めました。

「雨が来たかぁ☔」

会場に着くとすでに会場設営が始まってました。

やっぱりみんなで集まって研究会、品評会をするってワクワク♬すんぞ~(笑)

シートで屋根を作って雨除け対策もバッチリ。

ところがですよ、それがですよ、
晴れ男が何人寄っているのでしょう???@@

お天道様も雨予報のところ、曇天でグッと辛抱してくれてることになりました\(^o^)/。

4月の2歳会以来、久しぶりの再会となると会話も弾むってやつですが、今回は

「もう打った?」

合言葉のようです。
怪しい薬じゃないですよ、ワクチンです(笑)。

早くマスクが取れて普通のらんちゅう生活に戻りたいもんです。

さぁ、会場の準備も整いました。
今年2月~3月頃に産まれたらんちゅう、丹精込めて育てた自分の魚を審査盥に入れまして、願うは

 

「東大関になれよ~」

と見送っているハズ。

では、審査の前に本日お集まりいただきました晴れ男の皆皆様の晴れ姿を📷パチリと

さっきから気づかれているかもしれませんが、着ているこの白Tシャツは

極蘭会のユニフォームなのでした^^。
このシャツを着ると東大関が取れるとか・・取れないとか・・ヒミツです(笑)。

さぁ、研究会の審査が始ります。審査員は3名。
ベテラン組の阿部さん・藤井さんと絶賛勉強中の松浦さんの3名で審査です。

松浦さんにとっては貴重な経験となるでしょうね、どんな魚がいいか、悪いか阿部さんに教えてもらいながらの審査です。

ある意味、魚の見方など勉強しながらが本来の研究会の意義だろうし、伝承していかないと金魚文化も続かなくなるしね~(汗)

そろそろ優等魚になりそうな魚が出そろいました。

この中から優等5匹が決まるようですよ。

審査員の侃侃諤諤ののち、東大関の魚が推挙され洗面器に魚が入りました。

では、番付発表と参りましょう!!

■東大関 黒田 清治

■西大関 黒田 清治

■立行司 島崎 大輔

■取締一 宮本 富生

■取締二 平田 哲也

■東関脇 三橋 昭義

■西関脇 篠原 敬

■東小結 佐藤 茂夫

■西小結 篠原 敬

■勧進元一 宮本 富生

■勧進元二 黒田 清治

番付表はこちらから

なんと、なんと東・西大関を制したのは黒田さん!!
おめでとうございます^^。

いい魚でした。個人的には黒田さんの勧進元二の魚も良かったなぁ。

ところで、今回はフリーペーパーを発刊されているリビング鳴門さんが取材に来てくれました。

たくさん取材をしてくれましたので今後の雑誌に掲載されるようです。
お楽しみに♪

では、また7月にお会いしましょう(^^)/~